高木亮『ユメとバルーン きりえ原画版』カードブック

高木亮『ユメとバルーン きりえ原画版』カードブック

残り3点

¥1,760 税込

送料についてはこちら

人気シリーズ「ユメとバルーン」のきりえ原画版が、切り取れる15枚のカードとなって初登場!表表紙も裏表紙も切り取るができます。全部切り取ると残りがミニブックに! 単行本(ソフトカバー): 32ページ(15枚のポストカード 表紙・裏表紙・扉も切り離すとカードサイズに) 出版社: ビーナイス (2015/11/6) ISBN-13: 978-4905389323 発売日: 2015/11/6 商品の寸法: 15 x 18 x 0.5 cm 高木亮(たかぎりょう) おはなしも作るきりえ作家。 著書に、きりえ画文集「ユメとバルーン」「ユメとバルーン いつもの坂道」(ビーナイス)、きりえクリスマスブック「ビリーザトナカイ」シリーズ 1「ソリを引く男」、2「師走の男」、3「ビリーの休日」(いずれもビーナイス)、 「はじめてでも簡単 たのしい切り絵レッスン」(家の光協会)、「スナバン」(1~4)(ビーナイス)。 『ねこ切り絵』『12か月のねこ切り絵』(誠文堂新光社) 1971年香川県生まれ。神奈川県川崎市在住。 1992年ごろより独学できりえ制作を開始。その後「きりえや」を名乗る。ポストカード、カレンダー、かるたなどの自作製品や個展、各種メディアを通じ発表される独特のユーモアと哀愁を秘めた作風は「かわいくて、おかしくて、少しだけ寂しい世界」と称され、内外で注目を集めている。